七五三は男女でお祝いする年齢が違うのでしょう?七五三の由来から考えてみましょう

スポンサーリンク


七五三は11月15日今年は金曜日になりますね。
もうすぐですね。

女の子は3歳7歳の時に、男の子は3歳5歳で七五三の
お祝いをしますね。

地域によって男の子は3歳ではしないところもあるようですが、
なぜ女の子は3歳7歳で男の子は3歳5歳なのでしょう。

又年齢は数え年か満年齢どちらが良いんでしょか?

そもそも七五三って由来は?

なぜ11月15日なのかな?

そんなモヤモヤをスッキリさせたいと思います。

何故七五三なの?

昔は医療が発達していなかったため、幼い子の死亡率がとても高く、
「7歳までは神の子」と言われていました。

ですから、当時は7歳まで元気に成長することがとても大変な事でした。

言葉を理解し始める3歳頃から乳歯の生えかわりがある7歳頃までは、
成長に伴って、特に病気になりやすい年齢であると考えられていたため、
子供の健やかな成長をお祈りするための行事として
七五三の儀式がおこなわれていたのです。

現代もこの頃の時期は未だ抵抗力がなく、風邪を引きやすかった熱が出やすかったり
怪我もしやすかったり、又予防接種したり親御さんも気が休まらない時期ですね。

ですからその名残としてだけでなく現代でも七五三は
子供が無事に育ってる事への感謝の気持ちは一緒である気がします。

なぜ七五三は女の子は3歳7歳で男の子は3歳5歳なのでしょう?

七五三では男の子と女の子で、お祝いをする年齢が違います。

3歳では男女ともにお祝いをおこないますが、5歳では男の子だけ、
7歳では女の子だけがお祝いをおこなうと決められています。

地域によっては3歳で男の子は行わないようですが・・・

この年齢は、平安時代において、男女ともに髪を伸ばし始める時期の髪置きの儀式、
男の衣服である袴を着始める袴着の儀式に加え、女の子が初めて本格的な着物の帯を
締め始める帯解の儀式が関係しています。

3歳では同じお祝いですが、5歳と7歳の時にはそれぞれ男の子と女の子の
伝統的な儀式がおこなわれていたため、現代でもその儀式に沿った年齢によって、
それぞれお祝いがおこなわれているのです。

七五三の由来は?

平安時代では、3歳までの男女は髪を剃っていましたが、3歳になると
髪を伸ばし始め「髪置き(かみおき)」の儀式がありました。

平安時代5~7歳になると初めて袴を身につける「袴着(はかまぎ)」あるいは
「着袴(ちゃっこ)」という儀式がありました。

現代でも宮中では古式にのっとった「着袴の儀」が行われています。

鎌倉時代には、着物を着る際に紐ではなく帯を結ぶようになることをお祝いする
「帯解(おびとき)」という儀式が執り行われていました。

スポンサーリンク


江戸時代になると、髪置きの儀が男女における3歳のお祝いとなり、
袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。

なお、帯解の儀は室町時代では男女ともに9歳で行われていましたが、
江戸時代末期から男の子は5歳、女の子は7歳になるとおこなうように変わりました。

このような室町時代からおこなわれていた儀式が江戸時代になると、
武家や裕福な商人たちの間でおこなわれるようになり、
明治時代にはこれらの3つの儀式をまとめて「七五三」と呼ぶようになったと言われています。

要約すると

●三歳の男子・女子⇒髪を伸ばし始める「髪置き(かみおき)」
●五歳の男子   ⇒袴をはじめて身に付ける「袴着(はかまぎ)」
●七歳の女子   ⇒帯を結ぶようになる「帯解(おびとき)」

が行われていたためと言っていいでしょう。

七五三は数え年又は満年齢どちらで行うのが良いのかな?

昔は数え年しかなかったので数え年で行いましたが、現在は満年齢
が一般的です。

数え年だと3歳なら生まれ月によってはまだ2歳になってない時に
お祝いすることになあるので、きちっと満年齢でお祝いする方が
自然なんじゃないかと思います。

只、地域や家庭での慣例やそれぞれの事情例えば兄弟がいて
一緒にお祝いを行いたいなどの場合は堅苦しく考えることは
ないのではないでしょうか。

又11月15日は神社が混むので、その日を避けるという家庭も多いようです。

11月15日でなくても、ご両親のお休みや大安、子供の体調などに
合わせて柔軟に対応すればいいと思います。

あくまでこどもの成長を祈願するための子供が主役のお祝いなので
子供に無理をさせないように周りの大人が心遣いするのがベストで
柔軟に対応することがいいように思います。

七五三は何故11月15日なのかな?

七五三のお祝いが11月15日に行うようになったのは、徳川家光が自身の子供である、
後の徳川綱吉の健康のお祈りをした日にちが関係しているようです。

お祈りをしてもらった綱吉はその後、元気に育ったことから、
この日にちを七五三を子供の健やかな成長をお祈りするための日として
定められたという経緯があります。

まとめ

親にとって子供の成長は何よりも嬉しいものです。

今迄漠然と七五三のことを考えていましたが、七五三のことを知ると
きちんと捉え、お祝いしなければという気持ちになりますね。

でも大人中心ではなく子供の調子を優先的に考え、本末転倒にならないように堅苦しくなく子供の思い出に残るような七五三を送りたいものですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA