こんにゃくのセラミドは どれにも含まれてるの?食べても効果あるの?

スポンサーリンク


いつも思うのですが、こんにゃくを作った人って凄いって思うんです。

コンニャク芋は強烈なエグみがあるため茹でても焼いても
食べること出来ません。

それを灰汁までとってあんな形にして食べられるように
したんですものね。

最近では低カロリーで食物繊維もあって健康と美容に良いことで、欧米でも食べられるように
なってきました。

その上こんにゃくには優秀なセラミドがたくさん入っていることが分かり
こんにゃくの新たな効用として注目されています。

こんにゃくのセラミドって

こんにゃくには他の植物原料に比べて7~15倍もセラミドが
含まれていることが分かりました。

肌の角質層で水分を維持できるのは、角質細胞間脂質おかげで、
セラミドはその一つです。
セラミドは水分と結合し、高い保湿力を発揮します。

人の皮膚にはセラミドが11種類あって「セラミド1」「セラミド2」など
数字がついています。

余談ですが、セラミドは保湿として効果的で化粧品にセラミド配合されたものが
ありますが、「セラミド○○」などと後ろに文字付いているのは
本物ではありません。

コンニャクに含まれるのは、「セラミド1」の元になっている
植物性グルコシルセラミドと言われるものです。

植物由来のセラミドは浸透力が強い上アレルギー反応が低く
アトピー性皮膚炎の症状も軽くなると言われています。

勿論セラミドが浸透すればシワやシミにも効果があるのは
言うまでもありません。

コンニャクならどれでもセラミドが含まれてるんでしょうか

コンニャクには二種類あるのをご存知ですか?

1.「精粉(せいこ)こんにゃく」⇒乾燥させたものを混じり気のないきれいな粉に
してこんにゃくを作る。

・こんにゃく粉を水に溶かす。
・石灰水と混ぜる。
・成形して沸騰したお湯に入れ、固めて出来上がり。

2.「生芋こんにゃく」⇒コンニャク芋から作ります。

・こんにゃく芋の皮を剥く。
・コンニャク芋をカットして茹でる。
・すりおろす。
・石灰水を入れ素早く混ぜ合わせるる。
・型に入れる
・80~90度のお湯でゆでる。
・アク抜きの為湯を替えて茹でる。

スポンサーリンク


このうちでセラミドが豊富なのは「生芋こんにゃく」です。
精粉こんにゃくの場合、粉にする過程でセラミドを多く含んでいる「飛び粉」
という粉が捨てられてしまうので、粉から作る「精粉(せいこ)こんにゃく」
には、セラミドを殆ど含んでいません。

生芋こんにゃくは、こんにゃく芋をすりおろして作られるので、
セラミドをロスすることなく摂取することができます。

【100g中のセラミド含有量】
生芋こんにゃく 約1mg
精粉こんにゃく 約0.03mg

セラミドは食べても効果あるんでしょうか

生芋こんにゃくは、他の野菜に比べてセラミドが非常に豊富なので
少しの量で効果があると言われています。

そんな多くのセラミドを含む生芋こんにゃくですが、セラミドを
肌に塗るだけではなく、食べても効果があるのでしょうか?

群馬のこんにゃく芋農家の人の肌は、赤城おろしのからっ風に
さらされていても、毎日自家製生芋こんにゃく食べているおかげで、
お肌ツルツルもちもちだそうです。

日ごろからこんにゃくセラミドが含まれる生芋こんにゃくを食べている
こんにゃく農家の女性たちは、水分蒸散量が低く、美肌の基本ともいえる
“バリア機能が高い”ことが有意差をもって証明されました。
また、シワも少ない傾向にあり、こんにゃくセラミドを多く含んだ食材を
食べることが、美肌を維持する上で効果があることが示唆されました

クリームの場合だと塗ったところだけの効果しか期待できませんが、
食べた場合だと全身への効果に繋がります。

サプリも発売されているようです。

こんにゃくセラミドの経口摂取で全身の肌のバリア機能改善効果が
期待できる量としては、1日に0.6mg。

生芋こんにゃくなら約0.5枚(100g)だそうです。

これくらいなら毎日でも食べられそうです。

あくまで生芋こんにゃくで!

おわりに

こんにゃくの中でも生芋こんにゃくから作られたこんにゃくにセラミドが
多く含まれているそうです。

ツルツルの美肌を目指すなら是非「生芋こんにゃく」を選んでください。

スーパなどで見かける黒っぽいこんにゃくはひじきなどで色付けしてあるので
気を付けてくださいね。

スポンサーリンク