粉末洗剤は最強の洗浄力を持つって知ってました?

スポンサーリンク


洗剤も多種多様で、最近では新商品が続々と発売されています。

ドラム式用とか縦型用とかホントに様々です。

そんな中、粉末洗剤と言うと「まだ粉末洗剤使ってるの?」とか
つい思ってしまうくらいです。

でも正しい使い方をすればとても頼りになる洗剤なのです。

粉末洗剤を今一度認識してみましょう。

粉末洗剤の特徴

●粉末洗剤は、液体洗剤やジェルボールに比べて洗浄力が高い。

粉末洗剤を溶かした時に、その液が、弱アルカリ性になり、汚れた衣類が
酸性であるため中和分解されやすいので汚れがどの洗剤より
落ちやすいのです。

そんな単純な事なんですね。

新発売されている高機能の様々な洗剤の方が絶対よく落ちると思っていたのは
大変な間違いだということになります。

洗浄力は

オシャレ着洗い<液体洗剤<粉末洗剤

になります。

食べこぼしや泥汚れなど小さな子供や、運動部の中高生がいる場合
最適な洗剤なのです。

液体洗剤はそれ自体弱アルカリ性なのですが、水に溶けるとほぼ中性になってしまうので
衣類に与える負担は少ないです。

●粉末洗剤は経済的

最近の粉末洗剤はコンパクトになっています。
使う量も添えられているスプーン一杯で済みます。

お子さんが運動部で毎日多くの洗濯物が出る家庭や大家族のお宅などのは
経済的で有難い粉末洗剤です。

●洗浄力といい、メリットが沢山ある粉末洗剤ですが、すすぎが不十分だったり
水温が低いと洗剤の粉が溶け切らず、洗い上がった洗濯物に
洗剤が残ってしまうことがあります。
衣類に洗剤の粉が残ってしまうと、肌が弱い方やアレルギー体質の方に

影響が出てしまうこともあるので水温が低い場合、粉残りが心配なら
お湯で粉を最初に溶いておくのもいいかもしれません。

粉末洗剤の色々の機能

●部屋干し用粉末洗剤

最近では花粉が飛んだり、PM25などや雨で外に洗濯物が干せない、又共稼ぎで
帰りが遅くなるので部屋干ししかできないなどの場合生乾きで雑菌が繁殖し
嫌な臭いが発生しやすくなってしまいがちです。

スポンサーリンク


そんな時は部屋干し用の粉末洗剤がおススメです。
殺菌力が強化されていて雑菌の繁殖が抑えられ嫌な臭いの心配がありません。

●酵素・漂白剤配合の粉末洗剤

酵素が配合されていて、タンパク質汚れを落とす力があり、
皮脂汚れや食べこぼし汚れの強い味方のなります。

漂白剤が配合されているため衣類の黄ばみを抑えると同時に、
洗濯槽のカビや臭いも取ってくれまわざわざ洗濯槽のクリーニングを
する必要がなくなります。

●柔軟剤配合の粉末洗剤

粉末洗剤は洗浄力が強いので、洗濯物によっては仕上がりがバリっとしがちです。

柔軟剤を使えば良いのですが、結構手間がかかるものです。
そんな時には柔軟剤配合の粉末洗剤がとっても便利です。

洗剤と一緒になっていても、洗剤が先に溶けて、
時間差で柔軟剤が溶ける優れものです。

●蛍光増白剤配合の粉末洗剤

元々蛍光剤で真っ白な下着やシーツに蛍光増白剤配合の粉末洗剤使うと
洗い上がりが美しくなります。
蛍光剤で真っ白になった衣類などがお好きでない方もいますし、
生成りなどの場合は真っ白になってその自然な色合いが無くなる危険性
があるので注意が必要です。

粉末洗剤の効果的な使い方

●少し多めに入れるとよく落ちると思ってしまいますが、それが落とし穴です。

きちんと決められて量を守りましょう。
それが一番きれいに洗いあがる方法です。

●粉末粉洗剤は先にも書きましたが、「粉残り」がしやすいので、
お湯を使うか既定の量の粉末洗剤をお湯で溶かして液状にしてから
使うと欠点がカバーできます。

●すすぎは必ず2回

最近の液体洗剤は、節水効果を謳っているものも多く
すすぎは1回で済むものもありますが、粉末洗剤は
「粉残り」する場合があるので、必ず2回のすすぎを
しましょう。

おわりに

粉末洗剤が一番洗浄力があることを今回色々調べて
知りました。

今まで液体洗剤ばかりに目が向いていていましたが、これからは
粉末洗剤も利用したいと思います。

特に汗をかく夏場に活躍しそうです。
又室内干しにも必需品です。

スポンサーリンク