トイレ掃除にはキッチンハイター 臭いや黒ずみまでスッキリ

スポンサーリンク


いつもお掃除してるはずなのに、いつの間にかトイレに黄ばみや黒ずみが
出来ていてトイレブラシを使ってもキレイならない場合や、
何となく臭いもするという場合、キッチンハイターを
使ってみては如何でしょうか。

トイレに塩素系漂白剤は大丈夫なの?

トイレには塩素系漂白剤を使ってはいけないと何となく思っていました。

でもそれは昔多かった単独浄化槽(トイレのみ処理)の場合で、バクテリアの活躍で
菌を殺し浄化させる方法で、塩素系洗浄剤を使うと
バクテリアが死んでしまい浄化槽の役目が果たせないということで
使ってはいけないということでした。

でも今は下水が発達して、塩素家漂白剤を使っても大丈夫なのです。
ですから、塩素系漂白剤であるキッチンハイターは使っても
大丈夫なのです。

単独浄化槽の場合も塩素系漂白剤は全く駄目という訳ではなく
少しくらいなら大丈夫だそうです。

ハイターとキッチンハイターはどう違うの?

どちらも次亜塩素酸ナトリウムが主成分の塩素系漂白剤ですが、ハイターは
衣料用でキッチンハイターはその名の通りキッチン用です。

キッチンで使うキッチンハイターとハイターの違いは洗浄成分の
界面活性剤がキッチンハイターの方に入っていることだけです。

洗浄剤が入ってるって言うことはキッチンハイターの方が医療用に向いている
気がします…

ということでキッチンハイターですべていけるという結論です。

ノロ対策の「次亜塩素酸ナトリウム」もキッチンハイターで
十二分にOKです。

余談ですが、値段のお安いキッチンブリーチもありますが、それでも
全然大丈夫です。コスパがいいのでむしろ一番おススメです。

お話はそれましたが、トイレのニオイと黒ずみにはキッチンハイター
がおススメです。

トイレのニオイと黒ずみの原因は?

男性が便器に座らずにトイレを使ったり、又便器の蓋を開けたまま水を流した場合
壁や床にまで尿などが飛び散ってしまいます。

トイレ内には尿などの汚れをエサにする細菌類やカビがいて、
飛び散った尿を分解する際に尿臭を発生させるそうなんです。

又トイレのタンク内にカビが繁殖すると悪臭がして、
カビが繁殖した水が便器に流れ便器内に溜まり、水が流れてもその流れだけでは
落しきれない尿の汚れをエサにする細菌類やカビが黒ずみを
発生させてしまいます。

水洗でいかにも清潔というイメージですが、考えるととても不潔ですよね。

キッチンハイターでトイレの消毒と消臭の仕方

キッチンハイターは先ほども書きましたが、次亜塩素酸ナトリウム、よく言う
塩素です。

塩素は強い殺菌力と漂白力を持っていて、最強の消毒剤です。

アルコールでは殺菌できないノロウいルスやサルモネラ菌、大腸菌などにも
効果を発揮する力強い消毒剤です。

又カビにも効果を発揮します。
黒カビの細胞を破壊し、黒い色素を分解して漂白する作用も持っています。

キッチンハイターには泡タイプと液体タイプがありますが、
初めから薄めないでそのままスプレー出来るのが泡タイプで、液体タイプは
水で薄めて使います。

キッチンハイターで便器内の消毒・消臭をしましょう

1.キッチンハイターの刺激臭がするので、トイレの換気扇を回しましょう。
  又 掃除の際には、肌荒れ防止のためにもゴム手袋をしましょう。

2.便器に水が溜まったまま洗剤を投入すると、消毒成分が薄まってしまうので
トイレの元栓をマイナスドライバーで閉め、ハンドルレバーを回して
タンク内の水を一旦流してしまいます。

3.黒ずみにそのまま泡スプレーを吹き付けると液だれして、
  消毒成分が浸透しないので、トイレットペーパーを黒ずみの場所に置き、
  その上から泡スプレーを吹き付けて、約2~3分放置します。
  便器の縁の裏側もカビが生えやすい場所なので、
  キッチンハイターをスプレーして消毒します。

4.トイレの元栓を開けます。

5.便器内の全体をブラシで擦り、トイレットペーパーを流せば作業は終了だ。

トイレタンクの掃除も忘れずに

トイレタンクの中は水が常に溜まっているので、黒カビが繁殖しやすく、
とくにカビの繁殖スピードは速く不衛生なので、掃除を忘れずにしましょう。

トイレタンク内もキッチンハイターを使うと短時間で殺菌でき、カビも
分解できますが、トイレタンク内の樹脂やゴムの素材を傷めたり、
止水不良などの不具合を起こしたりする可能性があります。

また、タンクにキッチンハイターを入れたまま
酸性のトイレ洗剤でタンクを掃除すると、混ざり合って
有害なガスが発生する恐れがあるので、タンク掃除には作用が穏やかな
中性洗剤での掃除がおすすめです。

道具

・トイレ用、またはお風呂用中性洗剤
・除菌効果のあるシートタイプのトイレクリーナー
・古い歯ブラシ、掃除用のブラシ
・マイナスドライバー
・ゴム手袋

掃除の仕方

1.マイナスドライバーでトイレの元栓を閉め、作業中に水が流れないように
  します。

2.タンクのふたを外し、お風呂場へ持っていく。
  中性洗剤をかけ、ブラシや歯ブラシを使って汚れを落とします。
お湯や水で洗剤を洗い流して乾かします。

3.タンク内に中性洗剤を直接かけて、ブラシや歯ブラシで優しく擦り、
カビや汚れを落とす。強く擦ると傷ができたり金具が外れたりするので
注意しましょう。

4.タンクの縁は中性洗剤を含ませた布やトイレクリーナーで拭き取ります。

5.乾いたタンクのふたを元通りにセットします。

6.中性洗剤を含ませた布やトイレクリーナーでタンクの外側を拭きます。

キッチンハイターでトイレの床や壁のカビもキレイにしましょう

トイレの床や壁は殺菌効果のあるトイレクリーナーで尿などの汚れを
拭き取りましょう。

拭く場合は汚れの少ない順に拭いていきます。

ドアノブ、ペーパーホルダー、タンクレバー、タンク、便器のふた(裏表)、
便座の表、便器の外側、壁、トイレの床、便器の縁や内側の順に
拭きます。

とくに、尿や水しぶきがかかる便器の外側、壁、床、便器まわりは
しっかりと拭き取りましょう。

タイルの壁や床の目地のカビにはキッチンハイターの泡スプレーで
漂白・除菌しましょう。

床の目地にはそのままスプレーし、壁の目地は液だれするので
ティシュペーパーをカビ部分に当て、その上から直接吹き付けます。

5~10分程度放置したら、雑巾などでしっかりと水拭きする。
水気が残るとカビが生える原因になるので、乾拭きも忘れずに。

おわりに

トイレの臭いや便器の黒ずみの原因は、尿などの汚れによって繁殖した
細菌やカビです。

これらは、消毒成分配合のキッチンハイターで除去することが出来ます。

トイレブラシは使い捨てが衛生的でおススメです。

不潔になりやすいトイレですが、キッチンハイターを使って
臭いのない清潔な空間にしましょう。

スポンサーリンク