不織布マスクの正しい着け方 外し方 捨て方でウイルスの拡散を防ぎましょう

スポンサーリンク


新型コロナウイルスの猛威でマスクの品薄が続いていますが、
今まで何気でマスクをつけたり、外したり、捨てたりしていましたが
この機会に正しいマスクの着け方外し方を覚えてください。

正しいやり方でその効果も違ってきます。
又正しい捨て方をすることでウィルスを広げないように
することが出来ます。

一人一人の心がけでウイルスの拡散を減少することが出来るのです。

正しいマスクの着け方

(1)マスクのプリーツは下向きに。

マスクによっては中央から上は上向きプリーツ下は下向きプリーツになってる
マスクもあります。

(2)ゴムひもは外側にして、マスクを広げます。

(3)顔にあて、ノーズピースを鼻の形に合わせ、あごの下まで伸ばします。

(4)顔にフィットさせながら、耳にひもをかけてください。

ゴムひもが外側になるメーカーと内側になるメーカーがあります。
本来はゴムひもはマスクと顔面を密着させるため外側にする方が
正しいのです。

間違ったマスクの着け方

・着用していたマスクを顎にかける

顎の部分には飛散物が付着している恐れがあり、それがマスクの内側に
ついてしまいます。

・口だけを覆い、鼻は出ている

自分の咳などが飛散しない効果はあるが、自分の保護ができません。

・ゴムひもがゆるい

肌との接着面の数箇所に隙間ができ、入ってきます

正しいマスクの外し方

マスク前面は汚染しています。マスク紐あるいはゴムを持って外しましょう。
マスクの表面には触らないようにしましょう。

使用済みのマスクの正しい捨て方

使ったマスクはそのまま捨ててませんか?

(1)使い終わったらひもあるいはゴムの部分を持って外しましょう。
(2)マスク本体に触らないようにビニール袋に入れます。
(3)口を縛って密閉してからゴミ箱に捨てましょう。

マスクの外気に当たる面は、埃やウイルス等で汚れています。

マスクを使い終わったらひも部分を持って外し、マスク本体には触らないように
ビニール袋に入れ、口を縛って密閉してからゴミ箱に捨てましょう。

マスクの外側には埃やウイルスが付着して汚れているため、
こうすることで屋内での埃やウイルスの拡散を減少できるのだとか!

そうですよね。
マスクの内側ではなく外側が汚染されてるんですよね。

内側は自分の口の唾液などで汚れていると思っていましたが外側の方が
埃やウイルスで汚染されていたことに気づきました!

ですからマスクの表面は、ウイルスなどで汚れている可能性があるので、
使用中も触れないように心がけましょう。

捨てた後も、手洗いや消毒をおこないましょう。

又人は日に20~30回は手で口や鼻など顔を触るそうです。

マスクは指先や手についた菌やウイルスが口や鼻から入り込むのを
防ぎます。

又一日中同じマスクをしないようにしています。

不織布マスク

不織布マスクは使い捨てです。

不織布マスクに使われるフィルターは、BFE(細菌飛沫)、VFE(ウイルス飛沫)、
PFE(ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子)を
99%カットするものがほとんどで、ガーゼマスクよりも防塵効果が高く、
性能は高いといえます。

『99%カットするマスク』=『マスクを着けたら99%予防できる』という訳ではありません。

あくまでも『ウイルスや細菌などを99%カットする機能を保有したフィルター入りのマスク』
という意味です。

ノーズフィットが付いてはいますがどうしてもマスク着用時には
多少の隙間ができるので、その隙間から花粉や飛沫の侵入を防ぐことは
できないので、『99%カットマスクなら完全にシャットアウトする』
というのは誤解です。

でもきちんと着けることで、マスクの性能が最大限に活かされます。
正しくつけて最大限の効果を得てくださいね。

おわりに

マスクは着け方や外し方又捨て方で随分結果が変わってくるようです。

マスクを何気に着けるのではなくきちんとした意識を持って
活用したいものです。

活用の仕方でマスクの効用は随分違ってきそうですね。

スポンサーリンク