鈴木杏樹さんと二代目喜多村緑郎さん不倫!奥様は元宝塚スター

スポンサーリンク


又々文春が不倫のニュースをスクープしました。
今回は何と鈴木杏樹さん(50)です。

お相手は元歌舞伎役者で劇団新派の俳優・二代目喜多村緑郎さん(51)です。

鈴木杏樹さんと言えばつい先念の3月まで「相棒」で小料理屋「花の里」の女将役を
好演していました。その女将の役が鈴木杏樹さんにピッタリだったように思っていました。

外面はとても気が付きやさしく、しかし内面はとても厳しく情熱的な面を持った女性
「幸子」を演じていました。

杏樹さんも「幸子という人物に寄り添ってるような感覚、自然と彼女になることが出来た」
と言っていました。

ですから、今回の不倫のことを知った時も以外ではなく鈴木杏樹さんポイなと
思ってしまいました。

鈴木杏樹さんのこと

杏樹さんはご存知の通り、柴門ふみの漫画「あすなろ白書」でブレイクしてから
27年。

最近では「相棒」や第100作目となる2019年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」の
「なつぞら」や「ミュージックフェア」など多方面で活躍しています。

鈴木杏樹さんはトレンディドラマの常連でしたが、浮ついた噂は全くありませんでした。

大阪府箕面市に生まれた杏樹さんは、17歳のとき神戸市のインターナショナルスクールに
通っていた時にスカウトされ、英ロンドンの音楽学校に留学。

その後、歌手デビューしたものの91年に日本に逆輸入され、
同年女優デビューを果たしたという当時としては珍しい経歴を持っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪#キッチンぷいぷい のゲスト‬ ‪#鈴木杏樹 さんです✨✨‬ ‪京都の #南座 で‬ ‪喜劇 #道頓堀ものがたり が‬ ‪来月12日から開かれます‼️‬ ‪https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/minamiza_201910/‬

スポンサーリンク


ちちんぷいぷい(@puipui_mbs)がシェアした投稿 –

そんな杏樹さんが結婚したのは98年6月で、腸閉塞で入院した際の執刀医だそうです。

駿河台日本大学病院外科部長の名医の山形基夫さんですが、2013年に
亡くなられました。

ご主人が亡くなった同年2月1日、杏樹さんはレギュラーを務める情報番組「ZIP!」(日テレ系)に
出演していて、生放送直後に訃報を聞いた彼女は気丈に振る舞い、その翌日に夫の亡骸が待つ
アメリカの病院に向けて渡航したというニュースには心が痛んだものです。

現在も亡くなったご主人と暮らした東京都中央区内の高層マンションに暮らしているとか・・・

お相手の喜多村緑郎さん

元歌舞伎役者で劇団新派の俳優・二代目喜多村緑郎さんは
現在平成20年にはスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』に市川右近と共にタケル、
タケヒコをダブルキャストで主演する等、花形俳優として活躍しています。

喜多村さんは183 cmの長身で1969年1月6日生まれの51歳です。

「69年、新潟県で生まれた喜多村さんは高校中退後の16歳のとき、2歳下の妹を病気で亡くしました。
絶望の末に母の勧めで歌舞伎の養成所に入所したのは17歳のとき。
国立劇場第9期歌舞伎俳優研修を修了し、88年に19歳で初舞台を経験しましたが、
当初は『女形をやりたかった』と話していた」

喜多村さんは随分苦労をされたそうですが、2013年1月27日に元宝塚歌劇団宙組トップスターで
女優の貴城けいさんと結婚しています。

貴城けいさんは喜多村さんとは正反対で華やかで輝かしい経歴の持ち主でした。

2人の披露宴は15年2月1日にウェスティンホテル東京で催し、招待客は、
喜多村さんの師匠である市川猿翁さんをはじめ香川照之さん、藤山直美さんなど約500人が
集まったとのこと。

2人の出会い

文春によると杏樹さんと北村さんとは共演者同士として知り合いました。
昨年10月12日からの1カ月間京都南座で催された女優・藤山直美さん主演の喜劇
『道頓堀ものがたり』だったそうです。

公演終了後、喜多村さん、杏樹さん、河合雪之丞さん、松村雄基さんなど
東京在住の共演者たちが都内で打ち上げを行いそこで意気投合したとか。

文春によると、千葉県の美浜区の海浜公園で人目も憚らずに抱き合ったり
キスしたりする様子がキャッチされています。

そしてその後外車でラブホテルへ行く様子や別れを惜しむ様子など…

一枚の写真ではなく何枚も現場をキャッチされています。

もう否定しようがありませんね。

そして文春から直接2人別々に直撃インタビューを受けています。

質問はかなり具体的にされていますが2人とも言葉を濁すだけです。

2人の行動はあまりに無防備だったんではないでしょうか。

喜多村さんの奥様の貴城けいさんは

貴城けいさんにも直撃質問を文春は試みています。

その様子は寝耳に水という感じでした。

彼女は問いかけに目を剥き、「ちょっと、よく分かりません……」と絶句。
小誌記者がふたりの関係を説明すると、少しずつ言葉を紡いだ。

「(私たちは)仲良く生活しています。私は、夫のことを信じます」

という言葉を搾るように言ったとか

おわりに

もう熟年に近いお二人の不倫。

でもこの不倫は先だってスクープされた東出昌大さんと唐田えりかさんとの場合とは
違う印象です。

2人には子供がありません。

不倫は良くないこととは思いますが、子供の存在が無いならそれは救いです。

この件は私たちがどうこう言うことではなくあくまで奥様を含み当事者たちの
問題だと思いました。

スポンサーリンク