運気をあげるために 処分したい厳選7つのものとは!

スポンサーリンク


今日は節分、旧暦で言えば、大みそかに当たります。

ということは明日から新年です。

年末には大掃除をされたこととも思いますが、今のこの時期身の回りの
いらないものを捨てましょう。

すぐ実践できる風水を取り入れて運気をこれからどんどん上げていきましょう。

運気をあげるため捨てるべき7つのものとは

1.古くなってゴムや生地が伸びている下着

風水では下着は運気にとても深く関係しています。

生地やゴムが伸びている下着は風水的には悪運を付けてしまいます。

高価なものでなくてもいいので、自分に合ったきちっとした下着を
付けましょう。

どれくらいが古いのか分りにくいですが、着心地が良ければ、古くはありません。
ただ着心地がいいというのは、つけてしゃきっとするんじゃなく
楽だからということで決めないでくださいね。

新品も着用し、着心地が悪化していないか確認して下さい。
人間、慣れると着心地の悪化に気付かないので、一般論的に
「古い下着を捨てたほうが良い」と云う結論になります。
ゴムの類は二~三年程度で劣化するので、それを目安にしても良いです。

2.枯れた花や植物

風水では、植物が枯れるのは、家族の悪い気を吸い取ってくれたと解釈します。

枯れてもまた新しい植物をむかえてくだい。

3.古い薬

風水では薬は健康運に影響します。

クスリにも使用期限があります。期限の切れた薬は健康を害してしまう恐れがあるので
きっぱり捨てましょう。

お医者さんにもらった薬で余ったのを置いておく方もいますが、
長期間の保存は風水によるばかりでなく、変質したりしている危険性もあるので
捨ててくださいね。

薬箱は定期的に点検し、薬箱の中にも風を通し新しい空気を入れましょう。
家族全員の健康運がアップします。

4.まだインクは残ってるのに、書けなくなったボールペンやマジックインクなど

そんなボールペンやマジック溜まってませんか?きれいさっぱり捨てましょう。
家族とのコミュニケーションがうまくいってない時は使いにくい文具屋日用品を
処分して下さい。

スポンサーリンク


5.お皿など食器

風水ではお皿など食器は金運を左右するものです。
貰ったもので気にくわないもの、好みと合わないもの、又100金などで買った
安い食器などは捨てましょう。

趣味にい合わないものは負のパワーを取り込んでしまいます。
又100均などで購入したものは人の格を決めると言います。
金運をあげることが出来ません。

高い食器も使っていない場合は生活の重荷になりチャンスを逃します。
処分しましょう。

6.遊ばなくなった「ぬいぐるみ」「おもちゃ」

風水では子供の健康運や学業運に影響するいいわれています。
使わないものは処分して運気をあげましょう。

7.思い出が染みこんだ服

思い出がいっぱいしみ込んだジャケットやスカートなどを捨てることで収納のスペースに
空きが出来、運気がリセットされ、幸運が舞い込みやすくなります。

運気をあげるたの捨てる方法は

●下着などの場合

ブラジャーなんかは収納するときふくらみをつぶさない様にすると
運気が良くなる

又タオルなどは雑巾などは雑巾として再利用できるものは再利用するのが
いいそうです。

●枯れた植物の場合

感謝の気持ちを持って「ありがとう」と言いながら塩を少し振りかけて
捨ててください。

●食器の場合

食器を市のゴミ収取などに出すときは、食塩を一つまみ振りかけ、その上
少し食器を割ると悪い気を貯め込まない体質へ変わることが出来ると
されています。

●ぬいぐるみやおもちゃ

処分するときは塩を一つまみ振りかけましょう。

処分の方法として寄付があります。
★ワールドギフト
では宅配集荷して、再利用してくれます。

まとめ

風水では使わないものを捨てることで、空きが出来そこに良い気が
取り込め運気が上がると言われています。

捨てる時は持ち主の、悪い気を肩代りしてくれたことに
感謝し塩を振りかけてから捨てましょう。

又ぬいぐるみなどは引き取ってくれるところがあるので
そんなところに寄付するのもいいですね。

風水少し知るとまだまだ知りたくなってきます。

スポンサーリンク