六曜ってなに?その吉凶の意味は?結婚式やお葬式お通夜は?三隣亡と重なった時はどうする?

スポンサーリンク


三隣亡は建築業界にとっての古くからの慣習でしたが、
六曜は今日でも何気に気になり、
結婚や、お葬式など一般的な私たちの生活の一部として取り入れられて
います。

六曜って何なんでしょうか?あなたは気にしますか?
又三隣亡と六曜が重なった時はどうなるのでしょうか?

六曜(ろくよう)って何?

六曜は鎌倉時代に中国から伝わったとされていますが、広まったのは
幕末以降です。
現在はカレンダーに当たり前のように印刷されていますが、一般的になったのは
太平洋戦争後だとされ以外に新しくびっくりしました。

名称や順序は変わってきたようですが、
現在は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順で六日毎に繰り返し、
行うと良いとされることと時刻と日の吉凶占いを意味します。

六曜に科学的根拠はありませんが、六曜を含む暦は私たちの生活に
根付いていて、効果のほどは別にしてマナーとして知っておきたい場合も
あります。

六曜(大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅)の意味

六曜の縁起の良い順は上記のように大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅
の順だとされています。

●大安(たいあん・だいあん)

・一日中吉、何事にも良いとされる日
・結婚式・入籍・開店などの慶事、祭り事に良い日

※六曜以外の暦の中には大安を超える吉日も存在しています。

●友引(ともびき・ゆういん)⇒六曜では2番目に吉日

・朝と夕は吉、昼頃(11時~13時)は凶
・友を冥途に引くと言われお葬式は凶。
・友を幸せに引きと言われ結婚式やお祝い事に吉
・何事も勝負がつかないという日

※結婚式等縁起を担ぎたいと言う日であれば、この友引の凶の時間は
避けると良いでしょう。

※一般的には友引にお通夜は良いとされています。
又法事も差し支えないとされています。

※入籍も婚姻届けの提出にも縁起が良いとされています。
おめでたいことは午前中という慣習もあるので11時までに行うと良いようです。

●先勝(せんしょう・さきがち・せんかち)⇒六曜では3番目に吉日

・午前は吉、午後からは凶
・急ぎ事、訴訟、勝負事は先手必勝で吉

※大事は午前中に行うのが良いとされます。

※凶の時間は14時~18時とされます。

※先勝はお通夜は避けましょう。先勝の次の日は友引なのでお葬式に
友引は凶とされるので。

※引っ越しも上棟式も地鎮祭も問題はなく午前中に行いましょう。

●先負(せんぷ・さきまけ・せんまけ)⇒負とありますが六曜の中では吉日

・午前は凶、正午から吉。
・静かなることに用いて吉で、何事も控えめに平静を保つのが良いとされます。

※先勝より時間がかかることを行う場合吉

※急ぎ事や午前中は凶になり、午後からは吉になります。大事を行う時は
午後からにすればよいとされます。

※争いごとや訴訟と言ったことにも良くない日

※納車は問題ないですが、午後に行いましょう。
特に縁起を担ぎたいなら大安にしましょう。

※結婚式も大丈夫ですが、午後からが吉です。
先負の午後は結婚式の穴場とされ値段も割引のところもあるので
午後は狙い目です。

●赤口(しゃっこう・じゃっく・じゃっこう)⇒六曜の中の大凶日

スポンサーリンク


・正午ごろのみ吉でそれ以外は凶
・祝い事は大凶
・大事を行うには良くない凶日とされ、特に祝い事には凶
・赤いものから連想する「血や火」につながることは凶とされ、刃物を扱うことも凶とされる

※仏滅を超える最凶日とも言われるほどなので結婚式や入籍日の日柄を気にするのなら
避けるのがいいですね。

※赤口に納車は縁起が悪いとされていて不向きです。
事故などがないように納車の日は気にしてしまいますね。

※引っ越しや地鎮祭や上棟式など新築に関わることは火事がない安心した
家になるように赤口は避けるべきです。

※お葬式(告別式、お通夜)や法事をを赤口に行うことは問題はありません。

※後、気にするのであれば、財布の購入や使い始め、宝くじの購入は
赤口ば避けましょう。

●仏滅(ぶつめつ)⇒六曜の中で最も縁起の悪い大凶日と言われています。

・一日中、凶であるとされています。
・物事を行わず静かに過ごすのが最も良いとされます。

※あらゆるものが滅びる日とされますが、一から始めるのは良いとされ
結婚式には縁起がいいとされる説もあります。

※仏滅の次は大安なので、仏滅の午後からは縁起が良くなるとされる説もあります。

※人が避ける仏滅の日に結婚式を上げると、仏滅割引として、
結婚式の費用がかなり安くなるようです。最近では日柄など気にしない方も
増えていますね。

※入籍も招待状も内祝いを送るのも仏滅は避けるのがいいとされています。

※お葬式やお通夜は心配いりません。

※納車も縁起が良くないとされています。

三隣亡と六曜が重なったらどう考えたらいいのでしょう

三隣亡のことはこちらで説明しましたが、六曜と三隣亡が重なったら
どう考えたらいいのでしょうか?

三隣亡はお祝い事を避けると言ってもこの日に建築をすれば、火事を起こし
近隣3軒を焼き滅ぼすという言い伝えなので、建設関係のお祝い事を
避ければ後は六曜に従って生活すると良いと言われています。

以下にそれぞれ六曜との関係を記しました。

三隣亡と大安

大安はおめでたいことに吉とされていますが、三隣亡と重なった場合、
いくら大安だと言っても気になるのなら、その日は選ばない方が
良いとされています。

三隣亡と仏滅

三隣亡と仏滅が重なったら引っ越しや建設関係には最悪と言っていいでしょう。
これからご近所とのお付き合いもある事なので、地鎮祭、引っ越し、棟上げ
などは選ばないのが後々良いかと思います。

三隣亡と先勝・友引・先負・赤口

其の他の六曜の先勝・友引・先負・赤口が被った場合は三隣亡に行うのは
良くないとされる引っ越しや棟上げなどは止め、後は六曜を
気にして生活すると吉だそうです。

おわりに

如何でしたか?

六曜にしても由来はあまりはっきりしたものではなく、迷信だと決めつける方も
いると思います。

でも喜びごとである慶事は大安が皆気分が良いのは間違いない事だと
思います。
わざわざ敢えて逆らう必要もない気がします。

それに支配されることもありませんが、先人が作った暮らしの知恵や
潤滑油と考え上手く利用するのが賢明な事ではないかと考えます。

スポンサーリンク