己巳の日(つちのとみのひ)はどんな日?なぜ金運が上がるっていわれてるの?2020年はいつ?

スポンサーリンク


己巳の日は金運を上昇させる日として知られています。

お財布を買ったり、お財布を使い始める日に最も適しているとされています。

巳の日の意味は?

日本には古来、中国由来の暦や日本独自の暦があり、
日付や曜日以外にも暦注と言うのが記載されています。

暦注と言うのは暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などの
事項のことです。

旧暦、六曜、干支、九星、二十七宿、二十八宿、十二直、二十四節気、七十二候、
雑節、暦注下段、選日、月齢を表示しています。

私たちが良く知ってる大安や仏滅、友引などは六曜といい、暦注の一つです。

干支(えと)は正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と言います。

十干十二支は古代中国の思想である陰陽五行説から生まれました。

私たちが干支と呼んでるのは十二支に当たります。
それに対して「十干」は「甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、
戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)」
の10種類からなりたっています。

暦注には365日、1日1日、私達が干支として知ってる十二支が割り当てられていて
蛇の日が「巳の日」なのです。十二支の巳に当たる日です。

十二支なので12日ごとにやってきます。

巳の日がなぜ金運が上がる日として考えられるようになったかというと
蛇と七福神の弁財天との関係にあります。

巳の日と弁財天の関係

弁財天は 七福神中の紅一点で金運・縁結び・芸能のご利益で知られる神様です。
弁天様は蛇使いの神と言われています。又蛇神や龍神などの神様と同一視されています。

暦の上でその蛇に当たる巳の日には、蛇が私たちの願いを弁財天様に届けてくれる
といういわれがあります。

そのため、巳の日に金運の高まることや、
弁財天様へのお願いごとが叶うにはとても良いとされているのです。

また、弁財天様の遣いということ以外にも、元々日本では白蛇を
幸福招来、商売繁盛、金運財運を高める神様として奉ってきたこともあります。

12日に1度巡ってくる、巳の日にお金に関する願い事をすれば使いの蛇が
弁財天に届けてくれるので金運が上がると言われています。

因みに2020年を十干十二支であらわすと「庚子(かのえね)」になります。

阿部首相が年頭のあいさつで何度も「庚子(かのえね)」と
言ってらっしゃいましたね。
「庚子(かのえね)」は変化の多い年の意味とか・・・

己(つちのと)が巳と一緒になると、なぜ良いのでしょう

己(つちのと)は中国の古来からある陰陽五行という易学の土性になります。

スポンサーリンク


陰陽五行は万物は木、火、土、金、水の5種類の元素から成り立っているという
自然哲学の思想で、それぞれに良い相性(相生(そうしょう))、
悪い相性(相剋(そうこく))が存在します。

土は金属の元になるもの、(=土生金)と考えられていることから、
己巳の日は、巳の日をさらに金運を高めた日と言われているのです。

干支は全部で60あり、一番目は「甲子(きのえね)」二番目を「乙丑(きのとうし)」
・・・と続き60番目は「癸亥(みずのとい)」となります。

このように己巳の日は60日に1回、年に6回しかないとても貴重な日です!

この貴重な日を大事にしたいですね。

2020年の己巳の日

1月27日(月)

3月27日(金)

5月26日(火)

7月25日(土)

9月23日(水)

11月22日(日)

になります。

2020年の己の日

1月3日、15日、27日

2月8日、20日

3月3日15日、27日

4月8日、20日

5月2日、14日、26日

6月7日、19日

7月1日、13日、25日

8月6日、18日、30日

9月11日、23日

10月5日、17日、29日

11月10日、22日

12月4日、16日、28日

巳の日・己巳の日にすること

・銭洗い

巳の日・己巳の日に新札の一万円を洗って清めます。
弁財天や白蛇を祀る神社で洗うと効果大です。

・種銭を作る

「種銭」とは、お金をお水で洗う(お札は端に水を付けるくらいでよい)ことで、
さらにお金を呼んでくれるようになると言う縁起の良いお金のことです。

お参りするだけでなく種銭作るのもとても金運を高めると言われています。

種銭は使うためのお金ではなく、財布の中に常に入れておくと
仲間を呼んでくれるので、お金が貯まりやすいと言われています。
是非お試しください。

宝くじの購入やお財布の購入なども良いとされているので
やってみてはいかがでしょうか。

おわりに

暦って奥が深くって面白いですね。

昔の人は暦で色々のことを決めたり執り行っていたんだなって
わかります。

こういうことに取りつかれるのは嫌だなとは思いますが、
楽しんで行うのはいいですね。

朱莉も是非やってみたいと思います。

スポンサーリンク