1月31日愛妻の日知ってますか?妻に勇気を出して言ってみましょう。「愛してる」って

スポンサーリンク


愛妻の日って日本ならではの記念日みたいです。

海外では愛妻は常識で、常に「愛してるよ」って言ってるので、
ことさら記念日を作って啓発する必要がないからです。

私の周りでも旦那さんがイクメンしたり、家事を手伝ったり
家族思いや奥様思いの旦那さんが増えていて微笑ましく思っていますが、
でもまだまだなのでしょうね。

日本にはこれまでそんな言葉を口に出して言う習慣がなかったので
まだまだ定着していないのでしょうね。

愛妻の日が始まったのは

「日本愛妻協会」が2006年に定めた記念日。

「日本愛妻協会」が発足したのが2005年だと言いますから
記念日そのものもホヤホヤです。

そもそもこの記念日は神奈川県相模原市の浦上裕生氏が代表(隊長)を務める
「愛妻感謝ひろめ隊」が制定しました。

本部は群馬県の嬬恋村です。
日本の神話の「ヤマトタケル」が亡くなった妻を忍んでこの名前が付いたと
されています。

愛妻の日にピッタリの名前の本部ですね。

日本の男性はやっぱり恥ずかしがりやさんが多くて
改めて「愛してる」とか「有難う」の言葉を直接
妻に言えないみたいです。

でも記念日なら、大っぴらに言えますね。

日頃感謝の言葉や愛してるの言葉を伝えたいと思いながら
チャンスがない、勇気がない、というあなた、この「愛妻の日」は
又とないチャンスです!

是非、感謝の言葉や、愛の言葉を伝えてください。

愛妻の日イベントって何?

「日本愛妻協会」ではイベントを提案しています。

イベントを行う場所は各自宅です。

そのイベントの内容は

1.「男の帰宅大作戦」⇒イベントの開始時間は8じです。間に合うように
           帰宅しましょう。

2.「ハグタイム」 ⇒8時9分(ハグ)に一斉にハグしましょう。

3.「愛妻家宣言証」⇒日比谷花壇とのコラボ企画で花を購入すると配られ
         それに愛妻の日、結婚記念日、奥様の誕生日、
         いい夫婦の日、バレンタインデーを記入し、
         それを又記念日の10日前後に日比谷花壇に持って行くと
         10%引きになります

愛妻記念日には日比谷花壇とのコラボ企画も行われていて
奥様にお花を買って帰りましょうと呼びかけています。

愛妻の日のテーマカラーは黄色です。

その際「特製ハグマット」や「愛妻家宣言証」も配られ、奥様への「有難う」や
「愛してる」を全面的にサポートしています。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが勇気を出してやっちゃいましょう。
奥様のえも言えないいい顔を見れるチャンスです!

おわりに

中々照れくさくて改めて言うのは言い難い。
そんな方にはこの記念日を利用して感謝の気持ちや、愛の気持ちを
伝えるきっかけが出来、とっても素敵ですね。

記念日を大切にすることは、生活にメリハリも出来て、
いつも新鮮な気持ちでいられ、夫婦円満のコツだと思います。

スポンサーリンク