入学祝いのお返しは必要なのか 必要ないか? お互い不快にならない方法は

スポンサーリンク


お子さんが入園・入学の際、ご両親や親戚の方々お友達など
色々の方々からお祝いを頂きます。

とても嬉しく有難いことです。

只お返しはどうすればいいのか、そのやり方ひとつで
今迄良好だった関係がぎくしゃくしてしまったら残念です。

今回はお互い不快にならない方法を調べてみました。

入学祝いのお返しどうすればいい

皆さんご存知の通り、マナー本やマナーサイトを見ると
「収入のない子供に向け贈るものだから、本来はお返ししなくて良い」
と書かれています。

一般的には子供の成長に関するお祝いにはお返しは必要ない
ということですね。

でもこの通りに行かないのが世の常です。

例えば入学祝いも他のお祝いと同じように、貰ったらお返しすべき
と考える人も増えてきています。

又地方によってその習慣も様々なようです。

ではどうすればいいのでしょう。

入学祝いのお返しの前にまずお礼を!

例えば同じように入学する親戚やお友達のお子さんがいた場合、
お互いお祝いをしても、お返しはお互い様だから止めましょうと
事前に話し合うのも良いでしょう。

事前に話し合ってなくて片方からお返しが送られてきたら
一般的にはお返しは必要ないと言われていても、知らん顔は
出来ないですね。

やはり片方からお返しが送られてきたら
お返しをすべきだと思います。

住んでる地域によっては地方によってルールがあるところもあるため、
住んでる場所の風習に合わせるために、年上の親せきなどに
訊いてみるといいかと思います。

お返しをする習慣がある地域でも、相手に入学や入園を控えてるお子さんが
いる場合は、入学祝いだけをお互い贈り合い、煩雑なことを避けるため
お返しのやり取りは控えるのが普通です。

いずれにしても、頂いたお祝いは、貰いっぱなしは論外です。
頂いたらすぐにお礼の電話を入れると良いですね。
始めは親がお礼を言い、途中でお祝いを頂いた本人がかわり
直接お礼を言うのが良いですね。

スポンサーリンク


本人と直接話せるのはおじいちゃまおばあちゃまにとっては
何よりのお返しになることでしょう。

でもここで大切なのは親もきちんとお礼を言うことです。

又お祝いが届いたらすぐにお礼の手紙を書くのも良いですね。

お返しをしない場合でもお祝いを頂いことへの
感謝の気持ちは必ず伝えましょう。

お返しをする場合もお祝いを頂いたらすぐに
電話か手紙でお礼を言いましょう。

それが一番大事なことです。

内祝いの意味

「内祝い」の意味はお返しではなく、喜び事へのお裾分けの意味があります。

入学祝いを頂いた方に感謝の気持ちと、入園、入学する喜びの
お裾分けをするという意味から、「内祝い」の品を贈るのも
最近では多くなっています。

喜びごとのお裾分けをするのは素敵なことです。

上記のように色々のやり方があっていいと思いますが、
お祝いを頂いた方への感謝の気持ちを伝えることは
忘れないようにしましょう。

内祝いの相場と品物

内祝いの品は頂いた金額の半額~1/3くらいが相場のようです。

頂いた金額が1万円以下の場合は半額ぐらい1万円を超える場合は
1/3くらいが妥当のようです。

内祝いの品も基本は消耗品が後々残らなくて良いようです。

又カタログギフトならどなたにも喜ばれることは間違いありません。

お返しを贈るのをどうしようか迷うなら、取り敢えず贈ることを
おススメします。

贈って頂いて嫌な思いをする方はいないと思うからです。

お返しの時期は入学式が終わってからが一般的です。

おわりに

入園、入学祝のお返しは必ずしも贈らなければならない訳ではありません。

ケースバイケースと言っていいと思います。

只お祝いを頂いたなら直ぐに感謝の気持ちは伝えなければ
なりません。

感謝の気持ちを伝えていれば、贈った方も贈られた方も
お返しがないとかお礼をしないとか関係がぎくしゃくすることはありません。

入園や入学の喜びのお裾分けという意味も込めて「内祝い」を
贈るのもいいものです。

お返しするかどうか迷ったときは取り敢えず贈ることを
おススメします。

スポンサーリンク