お雛様は姉妹の場合それぞれに必要?共有してもいいの?

スポンサーリンク


初めて女のお子様が生まれての初節句には雛人形を用意し、
お祝いをしたことと思いますが、次女が誕生した場合、
雛人形をさてどうしたものか、家族の方や又おじいちゃまおばあちゃまが
贈られる場合もどうするか迷われるのではないでしょうか?

雛人形を次女にも贈るべきか、一つで共有してもいいものか
迷っている方も多いと思います。

大きなお雛様を最初の女の子に贈った場合、又同じものは
必要ないと思うのは自然の気持ちです。

お雛様は姉妹の場合それぞれに必要?

お雛様は女の子の身代わりとなって厄を受ける「お守り」の意味があります。

ですから、共有するものではなく一人一人に持つものだとされています。

姉妹や双子で共有したり、母親のものを子供に譲渡したり、
姉のお下がりを妹に与えることは、本来は避けるべきものだという
ことになります。

原則はそうであっても実際には飾る場所はどうするのとか現実問題として
無理がありますね。

ではどうすればいいのでしょう…

お雛様の共有が良くないならどうすればいいのでしょう

お雛様は女の子一人一人の身代わりとなって厄を受けてくれる
お守りとしての役があります。

お姉ちゃまにはお姉ちゃまのお守り、妹には妹のお守りと言うように
一人に一飾りが原則なのです。

なので一人一人にお雛人形を持たせてあげたいと思うのが
親としての気持ちです。

そこで考えてみると、お雛様の中で厄を受けてくれるのは「男雛、女雛」で、
他の三人官女や五人囃子、随身の右大臣・左大臣ではありません。

ですから雛人形の総てを揃える必要はないということになりますね。

スポンサーリンク


正確に言うと、一人に「男雛、女雛」が一対である「お内裏雛」を
持つべきということです。

例えばお母さまがお持ちの立派な雛人形がある場合、その雛人形は
あくまでお母様のもので、子供に譲るのは間違っているということになり、
それはそこのご家庭の大切のものとして大切になさって
長女や次女のお子様にはそれぞれコンパクトな木目込み人形や
ケース入りのセットや可愛い雛人形をご用意して上げるのが
いいのではないでしょうか。

雛人形は一つで十分とお思いのご家庭でも赤ちゃんのためのお守りとしての
吊るし飾りなど何か一つお守りとして用意して上げることを
おススメします。

おわりに

雛人形が一人一人のお守りであるので一人一人に持つものだとされているのですね。

今の住宅事情で7段飾りの大きなお雛様をそれぞれに持たせるのは
無理がありますね。

でも本来のお内裏雛が身代わりとなって下さるという意味からは
一対の「男雛、女雛」を持たせてあげると良いのです。

可愛い「男雛、女雛」が今はたくさんあるのでそんな可愛い一対のお雛様を
それぞれにご用意して上げるのも良いかと思います。

しかし、それが無理な場合は、それぞれ記念になるようなお人形を贈り、
一緒に飾ってあげるのも良いかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA