雛人形は買い替えても良いのでしょうか?罰が当たらないんでしょうか?

スポンサーリンク


引っ越しで大きな段飾りの雛人形を飾るのが難しくなってしまった、とか
汚れが目立って綺麗なものに買い替えたいとか色々な事情で
買い替えたいと思っていても何だか買い替ええるのは
罰が当たりそうとか思ってらっしゃいませんか?

買い替えに当たってひな人形を処分してもいいのかなとか
寄付はどうなのかなとか
人に譲るのはどうなのかなとか思ってらっしゃいませんか?

果たしてホントのところはどうなんでしょう?

色々調べてみました。

雛人形は買い替えても良いのでしょうか?

雛人形はそもそも「お守り」としての役割があります。

女の子一人に対して「男雛、女雛」の一組がその子に対して身代わりとなって
厄を受けるのです。

ですから雛人形は一生もので、本来買い替えたり譲ってもらったり
するものではありません。

その人個人のもの、私のお雛様なのです。

雛人形を扱うお店などでは買い替えを勧めてはいないようです。
人形工房などでは修理したりして長くお付き合いしていくことを
勧めています。

だからと言って雛人形を買い替えてはいけないと言った
決まりはありません。

どうしても家が狭くなって置けないとか、色々な事情で買い買えたいと
思ってらっしゃる場合もあるかと思います。

そんな場合は今あるお雛様を処分することになるので
きちんと供養するようにしましょう。

雛人形を買い替えると罰が当たる?

雛人形には、その子にとってのお守りです。

ですから買い替えると処分することになるので、何だか罰が当たるって
気持ちになるんだと思います。

その子を守って下さる方が、例え買い替えられても
その人に罰を与えるようなことは絶対ありません。

もっと純粋で、もっと崇高なものです。

只お雛様を処分するなら、感謝の気持ちを持って供養をしてください。

大切にしてきたお人形には魂が宿っていると言われます。

お人形を思いやる気持ちを大切にしながら、雛人形とお別れできるのが
人形供養です。

雛人形の供養の仕方

お人形は今までの災厄を引き受けてくれたお守りですから、いらなくなったから
処分しようというのは、都合が良すぎて何だか寂しいですね。

せめてしっかり供養しましょう。

雛人形の供養は、魂が宿っている雛人形の魂を抜いて只の人形に戻します。

人形供養をする場合は、日本各地には、人形を供養してくれる神社仏閣があるので、
最寄りの神社やお寺で人形供養をしてくれるところを探すといいでしょう。

スポンサーリンク


料金はお寺や神社によって違い、無料で引き受けてくれるところもあるようですが、
ほとんどのところが有料のようです。

雛人形だと一式1万円程度が相場だと思いますが、
お寺や神社によって違うので事前に確認しておくことをおススメします。

一年中受付をしている寺院もありますが、一年のうちに日にちを決め、
感謝祭や供養祭を行い、そのなかで供養をしてくれるところもあります。

供養の時期はさまざまですが、まずは近くの寺院に問い合せを
してみてはいかがでしょうか?

インターネットで探したり、電話で問い合せたりするのもお勧めです。

人形を持って行くだけでも構いませんが、時間が許すようなら
祈祷に参加してみるのもおすすめです。

神主や住職による祈祷のあと参拝し、境内でお炊き上げする流れが一般的です。

近くに人形供養を行っている神社仏閣がない場合や、人形供養の代行サービス
をしているところなどは郵送や宅急便などで人形を送り、供養する方法もあります。

人形供養代行サービスは、梱包するだけで郵便局が自宅まで取りに来てくれます。

全国各地の供養寺社

雛人形以外に、五月人形やこけし、市松人形、ぬいぐるみなども
受け付けてくれるところがほとんどなので、ずっと捨てられなかった人形を
一緒に供養するのもよいでしょう。

それぞれ供養する場所によって、受付内容は違うので、
事前に質問などを済ませ納得の上行うことが大切です。

今まで、家族の成長を見守ってきてくれた雛人形。
感謝の気持ちを込めて、きちんと供養ができるように心を込めて
行ってくださいね。

雛人形の寄付

雛人形を寄付することも出来ます。

人形を寄付することで社会貢献に寄与することが出来ます。

国内では 雛人形の、再利用を行っていてまた海外では寄付することで
子供たちへポリオワクチンの募金を行っています。

国内外への寄付を募っているところがあります。

セカンドライフ

ワールドギフト

おわりに

なるべくなら一生自分の傍に置いて見守ってもらいたいお雛様。

でも色々な事情があって手放さないといけない場合もあります。

そんな時はご自分に合った方法を探し、事前に必ず詳細を問い合わせて
心を込めて供養して下さいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA