小4で理数系大卒レベル「数学検定」1級合格 ご両親も理数系?

スポンサーリンク


「数学検定」1級に10日兵庫県西宮市の市立小学校4年
安藤匠吾君(9)が合格しました。

史上最年少だそうです。

凄いですね!

今迄での最年少記録は11歳だったそうですが、2年も早く
合格しました。

数学検定って?

公益財団法人日本数学検定協会は1992年に開始され、
年に3回実施されています。

数学検定1級の場合は解析、線形代数、確立統計、アルゴリズム、
の基礎などで、解答はすべて記述式です。
2018年度の年間合格率は5,7%でした。

匠吾君は既に小学2年で5級に初挑戦し合格し、小学3年で3級、
同じ3年で準1級(高3程度)に合格しました。

今年4月に1級の1次、10月には2次に合格し、最年少で1級合格を
クリアしました。

凄いですよね。

twitterでも

匠吾君のご両親も理科系?

きっとご両親も理数系の方なんだろうと思いきや、そうではなく
中学卒業程度の内容は教えることは出来たそうですが、
それ以上は難しくて、辿り着いた方法が「学習系ユーチューバー」。

今は「学習系ユーチューバー」チャンネルを見ながら学んでいるそうです。

子供の可能性って無限大ですね。

可能性を延ばしてあげられるご両親が素晴らしいと
思います。

匠吾君は「答えが出たときに、すっきり楽しい気分になるところ」が
数学を好きな理由だそうです。

小4の匠吾君、中学受験の勉強を始めたようで、直近の目標は志望校合格
だそうです。

最近では物理にも関心が出てきたそうで、将来は
「地球温暖化を止める研究をしたい。今までの温度の上がり方や、
対策しなかった場合の温度上昇のデータを出すことに数学が生かせると思う」
との夢が膨らみます。

地球規模の大きな貢献が楽しみです。

おわりに

凄いですね!
小4で大卒並みの数学力!

匠吾君も素晴らしいですが、匠吾君の興味を摘まないで
延ばしてあげているご両親に拍手を送りたいです。

ヤッパリ子供ですから、色々あると思うのです。
でも上手にサポートし、興味を失わさせず、より上に向かわせているのは
ご両親の力だと思います。

このまま真っ直ぐに伸びて夢を実現してほしいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA