年越しそばを食べる理由と食べる時間は?縁起の良い具材やトッピングは?

スポンサーリンク


皆さんは年越しそばを召しあがりますか?

大晦日に食べるそばを「年越しそば」と呼ぶようになったのは明治になってから
だそうです。

朱莉は大晦日になると、年越しそばいつ食べるの?っていつも悩んでしまうのです。

起源は鎌倉時代に博多の承天寺で大晦日に年を越せない貧しい人達にそば粉で作った
「そば餅」という餅を振舞ったところ、翌年からそば餅を食べた人たちの運気が
上がったことが噂になり、毎年そば餅が食べられるようになったそうです。

他にも諸説あるようですが、どれも縁起を担いで食べるということに
変わりはないようです。

どんな縁起担ぎがあるのでしょう。

年越しそばを食べる理由

1.健康長寿

細く長いおそばが健康長寿につながって食べるようになったという理由。

2.悪い縁を絶つ

他の麺と比べ切れやすいところから、今年の苦労や厄災を
スッキリ切り捨てる意味があります。

3.金を集める

金細工師が散らばった金粉をそば粉を使って集めていたところから。

4.勝

そばを打つと言いますが、打つ=相手を討つ(勝)という意味から。

以上のような縁起担ぎがあるようですが、年末の忙しい時でも手早く作れ、
うどんの場合は練ってから寝かせる必要がありますが、そばは寝かせずに、すぐ切り
ゆでて食べられる手軽さも年越しそばが普及した理由でもあるようです。

年越しそばを食べる時間は?

一般的には、12月の31日の夕ご飯や昼食時、または「除夜の鐘を聞きながら食べる」
という方が多いようです。

「年越しそばを食べるタイミング」として良いのは、由来から考えるとやはり
年が変わる前ですね。

スポンサーリンク


年越しそばを年が明けてから食べるのは、「新年から運を断ち切る」
となってしまうので、避けた方が良いですね。

これで朱莉の悩みもスッキリしたところです。

年越しそばの縁起の良い具材やトッピングは?

年越しそばは縁起物だということがよく分かったところで年越しそばの具や
トッピングも縁起を担ぐもので徹底したいものですね。

縁起の良い具材やトッピングにはどんなものがあるのでしょう。

1.海老

お節の必須アイテムである海老は腰が曲がっているので
長寿の象徴とされているのは有名ですね。

2.ニシン

京都ではニシンそばは定番となっていますが、ニシンは「二親(ニシン)から
子供に恵まれるという縁起物とされています。

3.卵、伊達巻

卵の黄身は金色を連想させるので金運の意味があり、伊達巻は巻物なので
衣服に困らないとか繁栄の意味がある縁起物です。

4.鶏肉

鶏は一年の一番最初に鳴くとされているので縁起が良い具材です。

5.お揚げ

商売繁盛の神様である稲荷神社の守り神であるキツネの大好物の油揚げは
金運や仕事運に良いとされています。

6.ネギ

ネギは語呂合わせで「一年の労苦を労う(ねぎらう)」というところから、
縁起の良い 食べ物とされているのでしっかりトッピングしたいですね。

以上お好きなものを具材やトッピングに選んで召し上がってください。

おわりに

如何でしょうか?

年越しそば、こうやって調べてみると中々日本の趣きある風習だと思います。

お蕎麦はあんまり・・・と年越しそばを敬遠していた方も
年越しそばは縁起物として楽しく願掛けしながら食べるのも
粋で良いものだと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA