十日戎や福笹の意味と飾る方向や処分の方法は?喪中の場合は行ってはダメなの?

スポンサーリンク


新年の1月10日になると関西では戎さんのお祭りが行われます。

実際には1月9日は宵えびす10日は本戎11日は残り戎と言われ
3日間行われます。

関西を中心に西日本では「えべっさん」として広く知られています。

十日戎って

十日戎は七福神の一柱(神様は柱と数えます)である恵比寿様を
「祀る」神事です。

「恵比寿様に商売繁盛などを祈願し、そのご加護を象徴する縁起物である福笹を
家に飾る行事」です。

西宮神社(兵庫県)
今宮戎神社(大阪府)
京都ゑびす神社(京都府)

は日本三大戎神社と呼ばれていて、中でも今宮戎神社や西宮神社の戎さんは
特に盛大で、兵庫県西宮市の西宮神社は戎神社の総本山です。

西宮神社は、十日戎の早朝に行われる「福男選び」は
毎年テレビで中継されていて皆さんご存知だと思います。

この「福男選び」は江戸時代から続いていて、10日の早朝、
表大門の外で待っていた参拝者らが、本殿までの230メートルを走り
一番福の福男(ふくおとこ)を目指します。

恵比須様は漁業の神、商売繁盛の神、五穀豊穣の神ですが、
関西では商売繁盛の神様として厚い信仰を集めてきたため、
十日戎には商売繁盛を願っ多くの方が訪れます。

朱莉も毎年9・10・11日のいずれかには必ずお参りし、その後
新年宴会をするのが習わしになっています^^

今宮戎神社の十日えびすでは「商売繁盛で笹もってこい!」の
えびす囃子が流れる中、商売繁昌を願って縁起物である福笹や熊手を求めて
多くの人が参拝します。

この福笹の笹自体は無料で配り、笹につける縁起物の飾りは購入し、
福娘さんにつけて頂きます。

十日戎では何故笹が授与されるのでしょう?

何故笹なのかと言えば、

常に青々とした葉をつけているところに、「いのち」を生み出し続け、
「いのち」を常に甦らせている神秘性、その姿は、神道の信仰そのもので、
神々のご神徳によって、日々「いのち」が甦り、生成発展している姿を
象徴しています。
<引用:今宮戎神社Webサイトより>

ということだということですが、
笹は松竹梅の竹の葉で「節目正しく真直に伸びる」、「弾力があり折れない」、
「葉が落ちず常に青々と繁る」といった特徴から
商売をするうえでの苦難や逆境にも耐えることが出来ると
家運隆昌、商売繁盛の象徴となっているそうです。

元々笹を授与したのは京都東山の京都戎神社で、独自に授与されていた
「御札」に由来するのだそう。

その笹に縁起物の飾りを購入して家やお店や会社等に飾るのです。

又「商売繁盛で笹もってこい♪」のえびす囃子の意味は、
「笹持って来たら商売繁昌させて上げますよ」、
「商売繁盛したら、来年はお礼参りでまた笹もっていらっしゃい」
ということだとか。

福笹の飾り方や方向や処分の方法は?

福笹には米俵や小判や鯛などを模した縁起物の飾りを付けて持ち帰り飾ると
福を授かると言われています。

米俵や小判などは「吉兆」「子宝」と呼ばれています。

笹の他に福や金運を掃き集めるという意味のある
熊手も縁起物として売られています。

飾り方として神棚がある場合は神棚に飾ります。

神棚がない場合は「東向き」又は「南向き」の飾ります。

向きということはそちらに向きに飾るということです。

設置する場所は「東向き」の場合は西に、「南向き」の場合は北
ということになります。

福笹や熊手は毎年十日戎でお返しし、又新しいものを購入という繰り返しが
良しとされています。

購入した神社に行けない場合は近くの神社に返納し、
其れにも行けない場合は、お清めの塩一緒に包装し、ゴミ分別の従って
処分すると良いようです。

十日戎には喪中の場合は行ってはダメなの?

神社で最も大切にしなければいけないことの一つは「清浄」です。

社殿の中は勿論境内はいつも奇麗にし、また病気の時やお葬式に行った日、
怪我をしている時に社殿に上がることはできません。

それは神道にとって「穢れ(けがれ)」になるからです。

その最たるものは「死」です。

これは、触る・見る・近づく(お葬式等)何れでも穢れが付くとされています。
従って近しい人に不幸があった場合、
「50日間は神社参りを控えたい」ということになります。

穢れをまとった状態で神様の近くに行くのは禁忌で
神社では、徹底して穢れを排除しています。

神職や巫女さんも生理の最中は控えなければならないことがあるそうです。

50日の間に十日戎が重なった場合は、行くのを止めた方が
良いのではないでしょうか。

わざわざ神様がお喜びにならないことをすることもないと思います。

おわりに

関東では馴染みの薄い10日戎、関西では凄い熱気のあるお祭りです。

昔から商都と言われた大阪、広くは関西ならではの
盛り上がりようなのかもしれません。

ズラッと並んだ休憩処で帰りにはクーと一杯。
それを楽しみにしてる方も多数いるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA