お刺し身に「菊」の花が添えられるのはなぜ? 効能はあるの?

スポンサーリンク


飲食店で刺し身を注文すると、お皿に盛られたお刺し身に「菊」の花が
添えられて出てくることが多いですね。

又スーパーマーケットなどでお刺身を買っても、
菊の花が添えられていることが多くあります。

プラスティックで出来た菊もありますが・・・

食用になるお花は数々ありますが、菊は何か意味があったり、
効能があるのでしょうか?

食用菊って

今食べるお花がとっても人気がありますね。

エディブルフラワーと言うそうです。

エディブルフラワーは安全に食べる前提として、
無農薬で育てられたものを使っています。

見た目も美しくそれが食べれるなんてなんかとても心が弾みます。

お刺身に添えられたりする菊は日本に古くからある食べるお花です。
実はクセがなくとても食べやすい食材です。

エディブルフラワーの先駆的存在と言っていいでしょう。

何故菊がお刺身に添えられるようになったのでしょう

菊は平安時代に中国から日本に伝来し、観賞用や薬用として宮中で
好まれるようになったと考えられています。

食用菊が本格的に発達したのは江戸時代で、苦味を取り除き、
花弁を大きくする改良がなされたり、品種も多種栽培されるようになったりしました。
お刺し身に添えられるようになったのも、この時期ではないかと考えられます。

食用の菊は解毒作用があり生魚を食べる際の殺菌目的と、見た目の美しさと
菊の香りを楽しむ薬味という役割と考えられています。

刺し身などに添えられる菊の花は、
全て食用菊で、タンポポのような小ぶりでよく目にする菊は『秋月』という品種です。

食用菊は観賞用の菊とどこが違うのでしょう

菊はどれも苦いですがいずれも食べられます。

食用菊はそのなかから、苦味の少ない物を品種改良し、
花弁を大きくし、味や香り、食感に優れています。

『秋月』など刺し身に添える小さな黄色い菊は、愛知県で多く作られています。
他に大ぶりな食用菊もいろいろあります。

スポンサーリンク


現在人気があるのは食用菊は

『延命楽』という菊は、新潟県では『カキノモト』、山形県では『もってのほか』
と呼ばれて、紫色で独特の香りと風味、味の良さと食感が最も高く評価され
『 食用菊の横綱 』と言われています。

名前の由来は、「天皇の御紋である菊の花をたべるとはもってのほか」とか・・・
絶妙の命名ですね。

『阿房宮(あぼうきゅう)』青森県八戸市特産の菊で濃い黄色をしていて
料理の主役にもなります。

食用菊の栄養と効能は?

葉酸をはじめとしたビタミンB群、ベータカロテン、ビタミンE、ビタミンCなど、
抗酸化作用の高い栄養素が多く含まれます。

体内のグルタチオンという解毒物質が含有されていることも発見されています。
昔から解毒作用や殺菌効果として食べてたことが証明されたことになりますね。

又クロロゲン酸とイソクロロゲン酸が含まれていて、
がん予防や、コレステロールや中性脂肪を下げる効果があるなど
生活習慣病を予防する役割などが期待できます。

可愛いお花に凄い効能が含まれているのですね。

どんな食べ方があるのでしょう

一般的には飾りととらえられることが多く、あまり食べないという方が
多い様ですが、想像以上に食べやすく上品な味です。

お浸し⇒小さじ半分くらいの酢を入れ茹でると、色落ちしません。
さっと茹でざるにあけて冷まします。
だし醤油などでお好みの味付けをします。

サラダ⇒さっと水で洗い、花弁をちぎってサラダの材料と混ぜたり
トッピングとしてのせたり、グッとサラダが華やかになります。

お味噌汁⇒頂くときに散らすと目にも鮮やかなお味噌汁が出来ます。

天ぷら⇒食用菊のガクの方を下にして鍋に入れ、しばらくしたら反対にひっくり返し
揚げると、きれいな花の形のままの天ぷらになります。
また玉ねぎやえびなどとかき揚げにしても美味しいです。

三杯酢⇒さっと茹で酢、砂糖、塩又は醤油を好みの量を入れ浸けます。

など

おわりに

飾りくらいにしか思っていなかった菊の花も沢山の栄養素と
効用があり、びっくりしました。

古くから食用として使われていたのもちゃんとした裏付けもあり
古代の知恵には凄いと感じます。

食用として世界中にあるお花の一つとしてこれからも
食卓を彩ってくれるだけでなく、もっと積極的に利用してみるのも
良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA