前澤・ZOZO前社長 新会社の秘書志望の人妻とトラブル警察沙汰?

スポンサーリンク


「ZOZOタウン」創業者として超有名人の前澤さん、
9月12日、ZOZOをヤフーへ売却したことはあまりにも有名です。

今も保有資産2000億円を超える若手資産家であり、
その一つ一つの行動は経済界だけでなく一般人の我々にも大きな影響力を持っています。

その前澤さんにA子さんという人妻とトラブルが発生しているらしいのです。

人妻A子さんとのトラブルは

人妻A子さんは、前澤さんとのトラブルの経緯を週刊文春に連絡し、
文春とのやり取りの内容を前澤さん側に伝え、
「記事にしてほしくなければ謝罪(金銭的にも?)をするように」と
前澤さんを脅したということなんです。

前澤さん側は、そのことを弁護士も同席の元、すでに警察にも届けてます
と文春に連絡が入ったそうです。

ややこし・・・

文春に前述のメールが入ったのは前澤さんに非常に近い関係者さんからで
11月7日のことだったとのこと。

A子さんからは10月に経緯を文春に送って来たそうで、
A子さんは3人の子供の母親だとか。

そもそもの発端は

そもそもの発端は、A子さんの証言によれば、インスタグラムで
前澤さんのインスタをフォローし、メッセージを送ったら、
前澤さんから『面白いね』と返信が来て、それ以降ダイレクトに
連絡が来るようになったそうなんですね。

9月20日前澤さんはツイッターに新会社「スタートトゥデイ」の
「秘書」と「広報」担当者募集の投稿しました。

離婚を考えていたA子さんは新しく職を求めていたので、
前澤氏の新会社「スタートトゥデイ」が秘書を募集していることを知り、
前澤氏の秘書になることを夢見て、履歴書(9月26日付)を
メールで送付したそうです。

A子さん「それから3日後、私が前澤さんに『沖縄に旅行に行く』と告げたところ、
前澤さんから『じゃあ沖縄から帰ってきたら遊びましょう! 
気をつけて行ってきてねー』とインスタを通じて返信があったのです。
続いて〈LINEしてー〉という文字と共にQRコードが送られてきました」

 LINEを登録すると、前澤氏は即座に「10/3の昼はどう?」と
スケジュールを提案してきたそうです。

10月3日、A子さんは前澤氏からオフィスに来るように言われたので、
履歴書も送り、秘書になりたい旨を前澤さんに伝えていたため、
面接を兼ねて呼ばれたと思っていて、当日はきちんとジャケット姿の
パンツスタイルで六本木のオフィスに出掛けたそうです。

そこには前澤さんと近しいXさんもいて
「一次審査は合格だよね。前澤さんはもう(A子さんと)会っているもんねぇ」
と話したらしいのです。

A子さんは前澤氏に「二次試験では、ユーチューバーのように
自撮りしてもらうから頑張ってね」と励まされたといいます。

Xさんは部屋を去り、A子さんは前澤さんと二人きりになり
そこで前澤氏に求められ、関係を持ったそうです。

ですが、A子さんは秘書に採用されなかったそうです。

と言いますからA子さんは採用されなかったことに腹を立てて
脅した?模様でトラブルに発展したみたいです。

前澤さんとA子さんのそれぞれの言い分は

A子さんが文春に証拠として示した前澤氏とのLINEのやり取りでは、
前澤さんはこのように謝罪していました。

前澤さんは自分としては採用面接という認識はなく、
Xさんにそう誤認させるような言動があったのは確かで、
其れについては謝りますと。

では、採用面接でなければ、なぜA子さんに会ったのか。
その理由を前澤氏は11月10日、こう説明しています。

「あの日は明らかに面接ではなかったです。単純に僕が女性として
魅力を感じたA子さんをお誘いしただけです」と説明されたとか…

記者がA子さんに、なぜ前澤氏側に文春とのやり取りを伝えているのか尋ねると、
「文春とやり取りをしていることを前澤さんに伝えなければ、
私のことなんかきちんと対応しなかったはずです」と。
また、前澤氏に金銭を要求したことは一度もないと言いいます。

「サニーサイドアップ」の社長を務める次原悦子さんが
前澤さんの「パブリシスト(広報担当者)」と名乗り、
「A子さんはストーカーなんですよ」と言い、
次原さんが文春にA子さんから脅されたと連絡した人のようです。

次原悦子さんが文春に続けたことは、

「今前澤君の周りではお金を手に入れるという事で色々とおかしな輩が
近づいてきてますが、彼女はなかでもかなりタチが悪く、相手にすると、
文春もその片棒を担ぐ形になりかねないですし、
社会的にも非難される恐れが高いと思います。だから相手にしない方がいいです」
とも言われたとか・・・

その後A子さんは文春に弁護士から「前澤氏との前向きな話し合いにより、
現時点での本件記事の取材及び掲載の中止を強く希望します」と
連絡が入ったそうですが、
前澤さんがA子さんに金銭を払えば、恐喝が成立することになりかねず、
文春がその片棒を担ぐわけにはいかない。という立場の元
掲載に至ったといいます。

11月14日(木)発売の「週刊文春」では、前澤さんとA子さんはどのように出会い、
何があったのか、A子さんと前澤さん側の主張の違い、
取材最中に起きた異例の展開、2人のやり取りのLINEなど
具体的物証に基づいて詳報されるそうです。

おわりに

お二人の心の真実は分かりませんが、前澤さんに色々な意味で近づく人は
沢山いることでしょうね。

でもそのことは一番前澤さんが分かってるはずです。

それを利用してないって前澤さん自身言えるのでしょうか・・・

大きなお仕事をされてきた前澤さんですが、人としては只のおっちゃんの
ところもあるみたい・・・

チャンスがあれば頂いちゃおうみたいな・・・

品格なんてどこ?みたいな気がしないでもないです。
どちらもどちらで丁度お似合いなんじゃないですか。

朱莉の感覚では前澤さんとA子さんのことは勝手にしたらって感じで、
剛力さんは前澤さんと別れて良かったんじゃないって思うばかりなんですが。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA