お屠蘇って?どうしてお正月に飲むんでしょう。由来や作法は?

スポンサーリンク


お正月にお節を食べてお酒を飲んで楽しくのんびりした気分を
お屠蘇気分って言いますね。

又いつまでもお屠蘇気分じゃダメ!って言われたりもします。

お屠蘇って毎年何気に頂いていましたが、どうしてお正月に
飲むのでしょうか?

由来ややお作法などきちんと知りたいと思い調べてみました。

お屠蘇ってそもそも何でしょう?

屠蘇の「屠」は屠(ほふ)る、邪気を払うという意、
「蘇」は魂を目覚め蘇らせると解釈し、邪気を払い生気を蘇生させる
という意味だと言われています。

正式なお屠蘇とは数種類の生薬を調合した屠蘇散(とそさん)を、
日本酒やみりんに一晩漬け込み成分を抽出したもので、
薬草酒の一種です。

正式には屠蘇延命散と言います。

屠蘇散は漢方薬に使われる5〜10種類の生薬が
用いられていて、一般的によく使われる生薬には、

・白朮(ビャクジュツ)⇒利尿作用、健胃作用、鎮静作用
キク科オケラもしくは、オオバナオケラの根。

・山椒(サンショウ)⇒健胃作用、抗菌作用
サンショウの実。

・桔梗(キキョウ)⇒鎮咳去啖作用、鎮静・沈痛作用
キキョウの根。

・桂皮(ケイヒ)⇒健胃作用、発汗・解熱作用、鎮静・鎮痙作用
ニッケイの樹皮、シナモン。

・防風(ボウフウ)⇒発汗・解熱作用、抗炎症作用
セリ科ボウフウの根。

・陳皮(チンピ)⇒健胃薬
ミカンの皮

無病長寿を願って飲むだけあり、身体を温めたり、胃腸の働きを助けたり、
風邪の予防に効果的といわれる生薬を含んでいます。

お正月に丁度いいですね。

お屠蘇の由来は?

そもそもお正月にお屠蘇を飲む習慣は三国時代の魏の名医・華蛇(かだ)が
考案したという説が有力だと言われています。

日本には平安時代に伝わり嵯峨天皇の頃に
宮中正月儀式として始められ、江戸時代には一般庶民に広まったそうです。

古い書物に書かれた配合では、大黄や鳥兜など毒や下剤の成分を含む薬なども
加えていたようで浮かれ気分はなくて神事だったようです。

「一人でこれを飲めば一家に疫なく、一家でこれを飲めば一里に疫なし、
元旦にこれを飲めば一年間病気にかからない」と信じられてきました。

お屠蘇は邪気を払い無病長寿を祈り、家庭健康で幸せに
1年を過ごせるという願いを込めて飲む、お正月ならではのお酒なんですね。

スポンサーリンク


お屠蘇の作り方

今度のお正月にはお屠蘇を作ってみてはいかがでしょうか。
とっても簡単です。

お屠蘇を作るため用意する物は屠蘇散、日本酒、本みりんだけです。

屠蘇散はスーパーやドラッグストア、ネットでも手軽に購入できます。

屠蘇散を一包み、日本酒と本みりんを合計約300〜500mlのなかに
数時間ないし一晩浸します。後は包みを取り出したらできあがりです。

お屠蘇の作り方ポイントは

1.料理用のみりんではなく、本みりんです。
     

2.日本酒が苦手な方はみりんのみ、日本酒が好きな方は日本酒のみでも 大丈夫です。

3.甘口がお好きな方は、砂糖を足してみても。
また、みりんを多めに入れると、甘口でまろやかな口当たりになります。
      

4.日本酒は、本醸造酒がおすすめです。

本みりんは甘くて美味しく、屠蘇散を浸けてもあまり味に変化がなく
却って落ち着いて奥深くなるような感じがします。
日本酒だけの場合はどことなくクスリっぽい様な感じです。(個人の感想ですが)
甘いのがお嫌ならお酒を多めに入れ、みりんと合わせるとクスリっぽいのも
和らぎます。

お屠蘇の作法

地域や家庭によって異なりますが、伝統的な作法ご紹介します。

1.酒器は、朱塗りまたは白銀や錫などのお銚子と、
朱塗りの三段重ねの盃になります。

2.お屠蘇は、おせち料理やお雑煮を食べる前に飲みます。

3.家族そろって東の方角を向きます。

4.最年長者が、最年少者に注ぎます。

たいていの宴席では、年長者から頂きますが、このお屠蘇は逆で、年少者から年長者へと
盃を順にすすめます。
これは毒見の名残と、若者の精気を年長者に渡すという意味が
込められているようです。

5.「一人これを飲めば一家苦しみなく、一家これを飲めば一里病なし」
  と唱えます。

6.厄年の人は、最後に飲みます。

お屠蘇は元旦だけでなく、三が日にいらしたお客様にも、最初の杯に
お屠蘇をすすめて新年のお祝いをするのが礼儀とされています。

おわりに

以前に比べて、お屠蘇を飲む家庭は少なくはなりましたが、
こんな風習は是非残していきたいと思いました。

今度のお正月は実家でお屠蘇を頂くだけじゃなく我が家でも
作ってお作法通り頂いてみようと思います。

セリフはちょっと難しい気もしますが・・・

普段より食べ過ぎ、飲み過ぎにもなりやすいお正月に、
贅沢なお食事とあわせて飲むのには、実際体調管理にも
役立ったのではないかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA