カマンベルチーズで認知症予防効果をヒト試験で証明!

スポンサーリンク


11月6日、明治ホールディングスにて
「人生100年時代に考える認知症予防について~カマンベールチーズの新たな可能性~」
のテーマで100人規模のメディアセミナーが行われました。

今までもカマンベールチーズが認知症の予防に効果があるのでは、
と言われていましたが、今回(株)明治は、世界で初めて人を使った試験で
証明したと発表しました。

カマンベールの認知症効果の証明試験とは

今回のヒト試験は軽度認知障害の高齢者に対し行なわれ、
桜美林大学、東京都健康長寿医療センター、明治の共同研究グループが、
カマンベールを摂取するとBDNF(脳由来神経栄養因子)を上昇させることを
確認したというものです。

実際行われたのヒト介入試験は、東京都に居住する70歳以上の高齢女性689人のうち、
軽度認知障害と判断された高齢の女性71人を対象として、
カマンベールチーズとカビ発酵していないプロセスチーズの摂取による
BDNFへの影響を評価する試験を行いました。

対象者を無作為に2つに分け、1つのグループには市販の6Pカマンベールチーズを
1日2ピース、もう一つのグループには市販の6Pプロセスチーズを1日2ピース、
それぞれ3ヶ月間摂取してもらい、血中BDNF濃度を測定しました。

その後、試験の影響がすっかり体内から無くなる3ヶ月の後、摂取する食品を
グループ間で入れ替え同様のことを実施しました。

その結果、カマンベールチーズ摂取時には、プロセスチーズ摂取時と比べて、
血中BDNF濃度の変化が偶然ではなく確実にあったことが証明されたのです。

認知症に関係する脳の栄養分「BDNF」とは?

BDNFは、神経細胞の発生・成長・維持・再生を促進させる脳由来の神経栄養因子です。

BDNFはうつ病やアルツハイマー型認知症、記憶・学習などの
認知機能との関連性が報告されている神経栄養因子の一つで、
加齢とともに認知症で低下することが分かっています。

BDNFは記憶の中枢である脳の「海馬」に多く現われるほか、
血液中にも存在しています。

血中BDNFの濃度は65歳以上になると加齢にともなって低下し、
認知症やうつでも大幅に低下します。

また、BDNF濃度が高いと記憶力や学習能力などの認知機能評価スコア(MMSE)が
高いなど、この両者の間には一方が増加するとき他も増加する正の相関関係
があることがわかっています。

この、“脳の栄養分” ともいわれるBDNFは、加齢により減少しますが、
適度な運動により増加し、また記憶や学習などのパフォーマンスを
高めることがわかっています。

一方、食品がBDNFに及ぼす影響に関する研究はこれまであまりありませんでしたが、
このたび、カマンベールチーズを摂取することで
BDNFの濃度が増加したことを示す、ヒトを対象とした初の研究成果が報告されたのです。

凄いことですね!

カマンベールの認知症効果による今後

(株)明治はこれまでカテゴリーシェアNo.1のヨーグルトやチョコレートで、
健康との関係性を明らかにし発表してきましたが、
今回チーズで初めて実現したのです。

今回のチーズでの研究による予防効果、可能性の発見が、
社会的にも関心の高い内容であることは間違いありません。

身近な食品で認知機能の低下が抑制されると分かって
嬉しいですね。

アンケートによるとガンにかかるより認知症になりたくないという方の方が
多いそうですから、きっとカマンベールの売り上げは
凄いことになるんじゃないでしょうか。

明治・谷口成常務は
「今後はチーズ領域でも様々な健康効果を発表していく」という考えを
述べています。

おわりに

これまでも、カマンベールチーズ摂取による認知症予防効果を示唆する
基礎的な研究成果は報告されていましたが、
今回の成果は世界で初めてヒトを対象とした試験での証明となり、
大変注目度は高いと思います。

認知症をコントロール出来るようになると
本人だけでなく周りの人々も救われ、牽いては人類を救うと言っても
過言ではないと思います。

同研究成果は今年9月に、老年学・老年医学分野で
評価の高い国際科学雑誌
「JAMDA」(Journal of the American Medical Directors Association)に、
「カビ発酵チーズの摂取が軽度認知障害の地域在住日本人高齢女性のBDNFに及ぼす影響:
ランダム化クロスオーバー比較試験」として論文掲載されました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA