お正月の意味は?そのお正月にお墓参りはダメなの?

スポンサーリンク


お正月は家族そろってお祝いするのでご先祖様にも
新年のご挨拶をと思い、今年のお正月にお墓参りに行こうとしたら、
「お正月にはお墓参りはダメ」って言われてしまいビックリしました。

お正月には家族が揃ってお祝いする前に一番に仏壇にお供えをしたりするのに
なぜお墓参りがダメなのか不思議に思い色々調べてみました。

そもそもお正月とは

そもそもお正月は年の初めを祝う行事が行われる期間で
松飾りを立てておく元日から7日、または15日までを言います。

元旦には「年神様」(としがみさま)という新年の神様が、
1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされています。

年神様は先祖の霊魂である祖霊神で、田の神、山の神でもあって
子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされています。

その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、
様々な正月行事や風習が生まれました。

その迎え祀られた祖霊が、その霊力(年霊:年玉)を人々に与え、
子孫を元気づけ再生させてくれると信じて行われるのが正月行事である(「三省堂年中行事事典 改訂版」より引用)

おなじみの「明けましておめでとうございます」という挨拶には、
無事に年を越し年神様をお迎えできた慶びと感謝の気持ちが込められています。

本来日本のお正月の伝統行事というのは、
歳神様(祖霊神)を松の内の間、我が家にお迎えし、お見送りするという
この世に生きている人と先祖とが一緒に過ごすお盆と同じ期間なのです。

お正月にお墓参りしてはダメなんでしょうか?

何故お正月にお墓参りがダメなのと訊いてみると
お正月はそもそも神道から始まったからと言うことでした。

神道は「死」が汚れていると考えられていて新年をお祝いするときにお墓に行くのは
良くないとされているようです。

日本は寺院の境内に神が祀られていたりするので拘ること自体変な気がしますし、
お正月に歳神様を迎えお見送りするというのにお墓参りがダメなんて
何だか矛盾してる気もします。

でも、神道と仏教では死に対する概念が異なります。
仏教では死を「新たなる生への転換点」と考えますが、
神道では「ケガレ・不浄」と考えます。

スポンサーリンク


そのため、神道では、お祝いする期間であるお正月にお墓参りへ行くことを
嫌い避けるようです。

そのため、せっかく故人のためを思ってお正月にお墓参りに出かけようと提案しても、
家々によっては非常識といわれてしまうことがあるようです。

しかし仏教ではお墓参りに行ってはいけない日などありません。

先祖を敬い祀り、子孫や家族の繁栄をご先祖様に見守っていただくという
お正月本来の目的や性格から考えると、お正月はお墓参りをしたほうが
良い期間だと考えます。

お盆シーズンだけでなくお正月に実家に帰省した際には、是非お墓参りをして
ご先祖様に新年の挨拶をして家族を見守ってくださるよう
墓前に手を合わせるのは決して悪い事ではないようです。

ただ、仏事は各宗派によって習慣が微妙に違い、その上地域やお寺によっても
異なります。

管理人の朱莉の家のようにダメと言う場合もあるのです。

従って実家と嫁ぎ先のしきたりが違う場合は、その家の意向に従って
お墓参りをするかしないかを決めるのが一番良いのではないでしょうか。

お正月にお墓参りに行きましょう

お正月にお墓参りは非常識という方もいらっしゃるようですが
どちらが正しいというものではないようです。

亡くなった方は自分のことを思ってくれることを嬉しいときっと思うでしょうし
お墓参りしてくれることを喜んでくれるに違いありません。

只今までの習慣としてその家のやり方があるなら
それに従うのが良いのかなと言う気はします。

自分の代になった時には自分のやり方をすれば良くて
その時にはお墓参りに行くと良いのではないかと
思った次第です。

信仰とか習慣の違いなのでお正月にお墓参りに行くことは
それはそれで良い事だという結論でした。

おわりに

今回調べてみて神道と仏教の違い、またそれぞれ宗派の違い
家庭のこれまでの習慣などが、お正月のお墓参りをするしないに
関わってることがよく分かりました。

今迄の習慣は習慣として従い、自分の代になれば
その習慣を変えることもアリじゃないかと思いました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA